フィンランド産レッドパインのフローリング

和光産業がご提案する自然住宅で絶対に欠かせないものがあります。その1つが無垢材です。
その無垢材の中でも、厳選したフィンランド産レッドパインを使用。節が赤くレッドパインと呼ばれるもので、高級感をより引き立たせています。時が経てば経つほど、使えば使うほど味の出てくる素材と言えます。床材の厚さは、12~15mmが一般的ですが、風家の住宅で標準仕様のフローリングはそれをはるかに上回る30mmを標準で採用しました。無垢材ならではの断熱効果も倍増です。

そもそも南欧風自然住宅なのに、なぜ北欧のフィンランドなのでしょうか?
フィンラドは非常に寒い地域ですよね。冬が長く、春~秋が短いフィンランドでは木の生長が非常にゆっくりとしています。その為、木目(年輪)が詰まっていて美しく質が良いということが挙げられます。またそのような木は害虫にも強いといえます。さらに、この素材をオススメする特徴をご紹介します。

フローリング

癒し&アロマテラピー

無垢材には、たくさんの優しい効果があります。木の香りには「フィトンチッド」という成分が含まれており、抗菌・殺菌・鎮静などの作用がありますので、心身へのリラクゼーション効果があります。まさにアロマテラピーそのものですね。

優れた断熱効果

熱効果も見逃せない効果の1つに挙げられます。無垢材は断熱性に非常に優れています。木は鉄に比べ約265倍(熱伝導率)もの断熱効果があります。熱を通しにくいので一年中一定の温度を保ちます。

天然の調湿効果

無垢材には天然の調湿効果があります。
木は呼吸していますので梅雨時は室内の湿気を吸収し、乾燥時には吐き出す天然の調湿効果があります。せっかく無垢材を使っていても無垢材の上から、カラー合板のフローリングのような樹脂塗料をしてしまうと、木が呼吸できなくなってしまう為、当社では、調湿効果を妨げず、健康にも配慮した天然の塗料を使っております。天然の調湿効果が望める一方で、無垢材の特有の収縮による反りや隙間ができやすくなるという性質も持っておりますのであまりに気になさる方には、無垢材のおすすめはできません。

目に優しい素材

カラー合板と違い反射をしないので目にも優しいことが言えます。

品のある仕上がり

独特の質感により、品のある仕上がりとなります。

簡単なメンテナンス

自然素材は日ごろのお手入れが大変なのでは?という声を聞きますが、普段のお手入れは今までと一緒であまり問題なく、柔かい性質上傷がついてしまった場合、サンドペーパーなどで研磨してお使いいただくこともできます。(無垢は削っていっても芯まで本物の木ですから表面を薄く削れば、新品同様に生まれ変わります。)