外断熱:外気温をシャットアウトする「フォルテボード

外壁塗り下地と断熱材を一体化したパネル「フォルテボード」。
雨水は通さず、空気は通す特殊な素材「フォルテボード(ビース法ポリエスチレンフォーム保温板3号)」を使用しています。製造時にフロンが発生しないエコ商品です。外断熱乾式工法に比べ、必要なコストを大幅に削減できます。またその高い断熱性能により室内の温度を一定に保つことができ、冷暖房の使用を抑えることができる他、結露の発生を抑え、カビ・ダニの発生を減少させる事が出来ます。

フォルテボード

結露防止効果

外断熱工法に使用する「フォルテボード」は、雨水を通さず水蒸気は通すので、内部結露を防ぎ、カビ・ダニの発生する要因を減少させます。カビ・ダニの発生を抑えることでお住まいを健康な環境にします。
また、グラスウールなどのように吸水・垂下しないので、断熱性能の経年劣化は少なくてすみます。

優れた耐久性

特殊ビーズ法ポリスチレンフォームという断熱材を使用しております。
外断熱する事により、構造体が外気温の影響を受けにくく、また壁内の結露を防ぐので構造体の劣化を大幅に防止します。壁内で結露すると健康を害するほか、構造体を腐らせ家の寿命が格段に短くなります。当然、地震などにも弱くなります。

省エネ効果

高い断熱性能で建物が真夏や真冬の外気温に影響されにくく、室内温度がほぼ一定に保たれるので、冷暖房を省エネルギー化しランニングコストを抑え、快適な住空間を創ります。

高い安全性

外断熱工法に使用する「フォルテボード」は、雨水を通さず水蒸気は通すので、内部結露を防ぎ、カビ・ダニの発生する要因を減少させます。カビ・ダニの発生を抑えることでお住まいの健康な環境にします。また、グラスウールなどのように吸水・垂下しないので、断熱性能の経年劣化は少なくてすみます。

ひび割れしにくい=高いメンテナンス性

フォルテボードは弾性に優れ、塗り壁のクラック(ひび割れ)や剥離を防ぎます。また、サイディングの場合は、サイディング、胴縁、断熱材を構造体まで貫通する長いビスが施工上必要になりますが、フォルテパネルの場合、サイディングと違い軽いので自重で垂れないことから必要ありません。その為、長期間良い状態を保ちメンテナンスが楽です。また素材が曲がることでアールのデザイン等が容易になりますのでデザインの幅が広がります。

コストダウン

すでに下地処理がされているため、天候に左右されること無く施工でき、工期を大幅に短縮できます。パネル自体に通気性があるので、通気層を必要とせず胴縁が必要ありません。

内断熱:地球環境を考えた断熱材「セルローズファイバー

断熱材の「セルローズファイバー」。60年前にアメリカで開発された新聞紙を原料にしたリサイクル製品です。セルローズファイバーは欧米諸国が発祥の地で、米国の断熱材種別シェアを調べてみると最も多く使用されています。
以前から注目されていましたが、コストや材質の面から足踏みしていました。そして独自の仕入れルートとコストダウンに成功し、採用する事ができました。セルロールファイバーは古紙を繊維状にした自然素材の断熱材です。大きな特徴は6つあります。

断熱材種別シェア

ローコスト

独自の仕入れルート・自社施工により、ローコストに成功。

高い安全性

セルロースファイバーは、F☆☆☆☆以上の安全性。無垢の木と同等の安全性が認められた断熱材です。

緩消毒効果

アンモニアの代わりに使用しているホウ酸(ホウ素)は、化学物質ではありませんが、ネズミやダニ・ゴキビリを寄せつけない緩消毒効果があります。

安全な不燃性

古紙なら燃えやすいのでは…。いいえ、火を近づけても表面が炭化するだけで、着火したり燃え広がるコトはありません。

身体にうれしい調湿効果

家1件分のセルロースの最大含水量は2.5t。梅雨時は室内の湿気を吸い取り、乾燥する時には吐き出す調湿効果があります。

防音効果

断熱の副産物として防音効果もあります。外部の騒音も和らぎます。